「みんなの森」を見て思う ~コロナ関連フェイクニュースに騙されない~

 離れにある「練習道場」に向かう途中、昨年の上半期によく散歩をした、近所の「みんなの森」に寄ってみました。
 枯れ葉は全て落ち切って、ハゲ林(笑)。
 時折、近所の方が散歩に訪れていて、すれ違うときに「こんにちは」というと、女性はキチンと挨拶を返してくれます。なぜか、🚹は知らんぷりですねー(これは、♂と♀のカンケーが影響しているのでしょうか???)

1610242526425.jpg

 さて、今朝のNHKで「いま、全国で『新型コロナ感染を苦に自殺した』というツイッター情報が広がっている」ことを取り上げ、NHK各支局でつぶさに調査した結果、殆どが「単なる噂」で、それ以外も「事実だったツイートは無かった」という事でした。
 太平洋の向こう側では、大統領自ら「フェイク・ニュース」を作り上げ、嫌いなマスコミの情報を「フェイク化」したりして、結果として国家転覆状態。
 困ったものです。

1610242620766.jpg

 自然界は、正直です。そして、結構厳しい環境下で子孫を残して生き抜いています。

1610242728842.jpg
 人間は、「現状結果をもとに、要因(過去)と未来(現在を要因とする結果)を推測する能力に非常にたけている、稀有な地球上生物」だそうです。しかし、「現状」に根拠のない「うわさ」が入り込むと、過去も未来も謝った事象を描くことになってしまいます。
 世間では、「マスコミを頭から信用するな」=自分の頭で考えましょう、といわれますが、SNSなんて「うわさの宝庫」だと思います。
 注意したいものですネ。

 「信用」といえば、安倍にガースーを党首としたウチらの政府。
 新型コロナを上手に抑え込んでいる民主国家の台湾、NZの特徴は、「国民に強く信頼された首相と政府」。信頼されているから、党首のメッセージに耳を傾けて、納得し、従う。
 一方、うちらの安倍くん、ガースーさんは、森・加計問題、黒川検事人事問題、サクラを見る会問題などで、「国民に嘘をつき、説明せずに欺き続ける体質」が芯までしみこんでいるため、賢い国民は、ある程度従っても本気で信用しません。

 新型コロナの感染が医療体制のひっ迫から大分遠ざかる状況になるまで収まらない事には、「何も終わらせられない、戻らない」ことだけは、「間違いないこと」だろうと思います。
1610242601049.jpg

〖にほんブログ村〗に復帰しました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント