11/12(木) 今月は、Runningのスピードアップを課題に取り組んでいます。

 IRONMAN Triathlonにおける自分の弱点、改善課題は、

①Bikeの走力、登坂力
②Runningの走力、スピードアップ
③Swimのスピードを元に戻すこと
➃Finishまで力強く走りぬくためのスタミナ養成
⑤暑さ対策

とまぁ「ぜんぶ」が課題なんですが、特に同じエイジグループの枠内では、3種目の中でRunningの順位が最低であることが多いです。
 かつては。せっかくSwimでトップ上がりで稼いだアドバンテージも、Bikeで徐々に抜かれ、Runではほぼ抜くことなく抜かれるばかり・・・というレースが殆どでした。
 15年ほど前に長距離練習を増やしていた頃は、Bikeでまぁまぁ、Runではsub 4でFinish出来たこともありましたが、今やすっかり昔となってしまいました。
 特に、ここ3-4年は、酒が旨くて体重増加もウナギ登り。更にRunnningタイムが落ちています。

 10/25に5㎞のTTをやった時は、Av.㌔5’04”でヘロヘロのガタガタでした。

 それから、約10日ほどで、10㎞ジョグの広範に30”のbounding(ストライド走)を4-5本入れたり、400m@Z5×7-8本を入れたりして、ゼーハーする練習を週3回程入れました。
 すると、明らかに膝というか股関節の開きが良くなり、巡航速度が上がってきました。まぁ、「今年の初めのレベルに戻りつつある」ってトコで、まだそれ以上の進歩は見られませんが、スピードに乗って走る恐怖感というか拒絶感が少なくなりました。

 福岡にいた1年半前までは、5’00”/㎞以上のペースで走り続けるには気力を奮い立たせたり、仲間との練習会で競り合いでもしなければ走れませんでしたが、今朝は、昨日の疲れが残っているにもかかわらず、自然と㌔5’近くまであがっていました。
 レストを挟んで体力が回復し、筋肉痛が癒えたときに、どれくらいのスピードとスタミナで走れるようになるのか、楽しみになってきました。

◆写真
 獄社すぐ隣りの「箱根駅伝スタート/Finish地点」にある、中継地点の広重浮世絵。



IMG_0271.JPG


〖にほんブログ村〗に復帰しました!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント