11月23日(月) ケツ(殿筋)とハムストリングが超痛いまま、早期回復を試みてBike & Run練習をしてみました。

 昨日報告した通り、Running練習の一環として、ジョグのあとにBounding 30歩 × 6本をいれたら、その日の夕方から酷い筋肉痛になってしまいました。翌日(22日の日曜日)は、更ににひどくなり、外出するのに車いすが欲しいと思ったほどです。

 そして、翌23日(月)も、筋肉痛が全く回復しないままでした。

 このまま練習をサボって、じっと回復を待つという方法もありましたが、そうすると体が固着して動くたびに呻いてしまうので、軽く体を宇g化しつつ回復を試みる事にしました。

◆内容
 *インドアバイク 1.5 hr。大腿筋群に負担をかけない負荷レベルで。
 *ジョグ 6-10kmほど。大腿筋群に痛みを感じない程度のペースで。平坦路。

◆結果
 インドアバイクは、たったの120-130wの負荷なのに、まるで150-160wもあるかと思うくらいクランクが重かったです。pedalが上死点に行くたびに、「ケツ筋が伸びて痛い!」「膝裏のスジが引き攣る!」で、ケイデンスも上がりませんでした。結果は、1.5hr / 112w / 82 rpmで、数字だけ見ると「トホホ」なんですが、目的が「筋肉痛からの解放、回復」なので、反省ナシ!

 そんなインドア・バイク練習でしたが、怖いもの見たさにジョグってみようと思い、ササッと着替えて走り出してみました。
 目的は、Bikeと同じく「回復走」ですが、折角なのでフォームを意識してみました。ポイントは、二つ。
 ①股(脚の付け根)が、胸のあたりにあるつもりで走る。
 ②膝を前に出した重心(体重)移動に応じて、自然なストライド。

 そうしたら、出だしこそW。Upと決めてピッチのみ意識して、ペースは上げませんでしたが、自然とスピードが上がってきて、チョー久々に「脚が勝手に走って、心臓と脚筋が付いていかない状態」になりました(通常は、心肺機能に余裕があるのに、脚とカラダが付いていかない)。

 しかしこの日は、レースで好調に巡行しているような感覚で走れました(下のグラフ参照)。
 「ラップ1」が、Upからペースランまでの5.8㎞の平均データ。アップを入れてのAv. HR 131bpmで5’10”/㎞ペースは、私にしては上出来でした!(ちなみに、Max HRは154bpm)

1123Run練習 Pw, HR.jpg

 走り終えた直後は気持ち良かったのですが、整理体操で膝の屈伸をしたら、なかなか立ち上がる事が出来ませんでした。
 まるで、Ironmanレースのランパート途中で、キツくなって屈伸した時と同じ感じ/痛みでした。
 さて、この筋肉痛はどのように回復していくのか、気がかりです。
 ひとつわかったことは、「こんなにケツ(殿筋)が痛くても、その気になれば走れる」という事でした。

〖にほんブログ村〗に復帰しました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント