どす鯉@Natioの「毎日がトライアスロン!」

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017.10.25/夕練休んで朝練に備える。そして2部練習。

<<   作成日時 : 2017/10/25 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆10/24(火)
 朝 福岡空港パトロールラン 11.5q/1:02 (Av. 5'22"/km ビルドアップで後半4qを51.5pace)
 夜 Swim中止(リカバリー)
◆10/25(水)
 朝 Indoor Bike  距離不明/1:25 (メニューは下に記載)
 夜 Swim 2,000m強/0:55

 今週は、Ironman Raceの3週間前だというのに、週間20Hrのトレーニングに挑戦しています。
 もともとそのレースにピークを併せられる状態になく、よって、もう来年のレースを見据えてのパイロット・スタディ、実験です。 20Hr/週も練習したことなんか多分ないだろうし、当然、疲労度や回復時間も分かりません。 3週間まえにそんな高負荷をかけると、レースはどうなるのかもわかりません。 全てが実験です。
 昨夜は、久しぶりに20時近くまで「獄労残業」してたので、21時閉館のプールに間に合わずSwim練習中止。替わってチューブ引きかRollerを・・・とも考えましたが、「20Hrのための消化練習」になって食事時間が遅くなったり、睡眠時間を短縮したくはなかったので、思い切ってリカバリーに充てました。

 今朝(25日)は5時前に目が覚め(というか、寝られなくなって)、6時からインドアバイクを1:25ぶん回しました。 今日も汗ドバで、バスタオルも顔拭きタオルもグッショグショになってしまいました。

 夜は20時少し前に県立Pへ入水。W. Up時点で、早くも不調を悟る。 朝のチューブ引きで、肩回りの筋肉が硬直したせいかもしれない(よくあること)。力がついて慣れるまで継続だ。 TI-Drillを2セット終えたあたりで、ようやく肩甲骨を前方にスライドさせて「腋の下から腕全体で水を掴む感覚」を思い出し、少しだけ気分よく終了。
 プールサイドのスタート台が高くて、体を引き上げてプールから上がるのが大変でした!

§ VO2トレーニングで停滞を打破するインドアバイク練習
 このWorkoutは負荷が高いが、効果も非常に高い。理想としては、レースシーズンにこのようなセッションを1週間に1回、最大8週間実施することをお勧めします。 キー・イベントに向けたピーク構築には理想的です。 このワークアウトは、レースの9日前まで継続することができます(By Dave Scott)。

1.Warm Up: 15 minutes
2.1st Set:   8 x 45"/ (RI(rest interval) 45"
・45”= 15"/LG * 98-104 rpm + 30"/TTG * 86-96 rpms.・・・かなりの努力を必要とします。
3.Main Set:  @3'30" at VO2 Pace + A5' at sub-threshold pace + BRI 3 minutes
   ・Repeat 5 times
  @ 15"/BG 80-85 rpm + 90"/ TTG 85-95 rpm + 15"/BG 60-65 rpm + RI 15" + 90"TTG
 最も重要な要素は、同じスピード、パワー、そして良いフォームを維持することです。
  A5'のサブ・スレッショルドセグメントは、心拍数ではなく速度またはパワーを基準にする。
    HRはゆっくりと下がり、その結果、劇的に回復することがあります。
Bは、次のリピートを開始する前に非常にイージーに回します。
  ※これを5回繰り返す。
4.クールダウン:10'

”Life is an adventure!” ”Smile and Never Ever Give Up.” (Ellie & Massan)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017.10.25/夕練休んで朝練に備える。そして2部練習。 どす鯉@Natioの「毎日がトライアスロン!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる