ドドーンとどす鯉@Big Island屁の道!

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆Long Ride + Aquathlonで、レース・シミュレーション

<<   作成日時 : 2018/06/05 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◇6/3(日) 「前日Long Ride + 翌日アクアスロン」のレース・シミュレーション
 レースのsimulationには、Swim, Bike, Runを連続してやる方が、2種目セットのバラ売り繋ぎよりも実践的、実際的でいいと思うのですが、終了後のダメージもそれなりに大きい。
 そこで、土曜日に目標のレース・ペースかそれ以上でBike 140q近く走り、翌日に開催されるアクアスロン(Swim 1.5km + Run 10km)に出場して、どの程度の疲労度で、どの程度走れるのかを試してみた。目的は、後者(日曜日)の調子を観察し、レースに活かせるノウハウを得る事。
 ちなみに、土曜日は、市街地で信号と交通量がおおい往復20qを含めて、136qをAv. 29.5kmであった。その市街地を除く110q区間では、向かい風基調では最低30q/hr維持を、追い風基調では40q/hr前後を、「ペダルを踏み込むことなく、エアロビックレベルで回しながら」走ったつもりです。
 その結果のアクアスロンは・・・。
 Swimは500mを3周回。徹頭徹尾「フォームを意識しつつ、真っすぐ泳ぐこと」を重視。昔のようにダッシュかけて泳ぎ出すと、過呼吸気味になって苦しくなる可能性があるので、スタートは特に慎重に。飛び出す若人を見送って、4列目あたりから泳ぎ出す。1周目、出来る限りエアロビック域で泳ぎ、心肺機能をならすWarming Up。そこそこバトルで集団から抜け出せない。
 いったん陸に上がり、2周回目でバラけ出してから、ひとり、また一人と前方の選手をとらえて抜いていきました。3周目も同様。バシャバシャと無駄なキックをうつトーシロ・スイマーを、よこからスイスイと抜き去って、とりあえずSwim終了。 全くと言っていいほど息が上がってなかったので、おそらく、27-28分もかかっていたのではないかともう。情けないtimeですが、過呼吸で「死ぬ!」という体験をするよりはだいぶマシ。
 ここで気になったのが、ウエットスーツ(袖付きのフル・タイプ)。購入してから6-7年経つのですが、着るときに袖が入らない、背中のジッパーが締まらない=胸とクビが窮屈、リカバリーで水上に腕を上げるのも、ゴムに腕が引っ張られて力が必要。これは、着ていない方が良い泳ぎができたかもしれない、と思いました。23℃くらいの水温なら、ロングジョン(袖なし)のほうがよほどマシだと思った次第です(結局、ウエットスーツは股や膝上に穴が開いてきたので、レース会場に捨ててきた)。
 さて、本題のRun。1周2qを5周回。
予想通り、前日のLong Rideの疲れがありありIRONMANのレース本番の走りをしてみよう、と考えたわけですが全く脚が前に出ない。無理に頑張ろうとしても、前に出ないものは出ない、という感じ。おかげで、心肺機能のほうは、かなり余裕あり。同時に走り出した選手にはどんどん離され、後方からは抜かれる一方でしたが、どうしようもない。この時のペースが、5’20”/kmで入ったものの、徐々に遅れて5’35”くらいまで後退。3周回を終えた直後あたりから、やっと脚が慣れて股関節が動くようになってきて、いつもの練習に近い感覚で走れるようになってきました。この時のペースが5’20”くらい。これ以上ペースをあげると息が上がり、フルマラソンは絶対に持たないと感じました。一応、レースなので最後くらいは本気でペースを上げてオールアウトすべきところなのですが、それはせず。いま以上に疲労をため込んで、翌週の練習に響かせたくなかったのです。
 ということで、10qを52分で走り抜けて、気持ちよくフィニッシュ。
 今日のこの結果からすると、IRONMANの本番レースでは(コースのコンディションにもよりますが)、A.S.の補給も含めて5’30”/qペースで押し通すことが目標だろうと思いました。つまり、いまの自分だと、Runラップは3:48くらいが目標になりそうです。
 目標の、S=1:05、B=5:30、R=3:45、Total=10:30までには、まだそれぞれの種目を底上げしていかなければなりません。
画像

画像

”Life is an adventure!” ”Smile and Never Ever Give Up.” (Ellie & Massan)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆Long Ride + Aquathlonで、レース・シミュレーション ドドーンとどす鯉@Big Island屁の道!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる