どす鯉@ナイトウのドンブラコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆体幹ローリング・ランの効果!

<<   作成日時 : 2016/10/13 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 正しいRunningフォームを表す一つの表現として、「肩を中心に、腕(肘)を前後にしっかり振る」というのがあります。
 いままで、そのように意識して走ってきたわけですが、「40代ほぼ最強トライアスリート」の八田さんの観察と分析によれば、「体軸をもって体を『でんでん太鼓』のように回すことで、脚を振り子のようにして走る』のが、トライアスロンのランニングだ、と解説しています。
 マラソン選手や国内の駅伝選手をみていても、だいたいは肩を固定したまま、肘を前後に振って走っている。しかも、それほど大して腕を降っていない人もいたりして。まさかねぇ・・・と思っていました。

 ところが、先のIronman Championshipでのトップ選手の走り方をみると、皆さん意外と肩を「回している」。ITU最終戦の上田藍さんなんて、思いっきり体をひねり切って、まさに『走るでんでん太鼓』のようだ。

 ということで、ここ2-3回の福岡空港パトロールランでは、体幹をローリングさせて走ることに意識を置いています。それも、「無理に」ではなく、『自然に、体がなるように』体幹を回すようにしています。
 すると・・・鈍重鈍足ガバドンで、「目標ペースは`5分」の私が、10qをこんなペースで走れるようになりました。
  1q=5’36”、 2q=5'16"、 3q=5'06"、4q=4'58", 5km=4'56",・・・ 8q=4'46", 9km= 4'36", 10km=4'40"。
 いつもより、20‐30秒ほど速いペースでした。それも、あさ起きて1時間弱の副交感神経が、まだ優位かとおもうような時間です。
 自分のランニング・フォームの癖で、ときどき体軸のローリングに「肩を上下させるような動き」が入ってくるので、その都度、「でんでんローリング」を意識しなおして走りました。
 これまで、`5’ペースで走り続けるには、意識して結構ガンバらないと走れなかった自分が、こうも簡単に4分台で走り続けられるとは、超驚きでした。 それも、ゼーハー言わずに、ランニング・ハイのような気分でいられたことも新鮮な驚きでした。
 ま、夏場よりもだいぶ気温が下がって走りやすい気候になったことも、大きな要因だとは思いますが。

 その次の練習では、疲れを残したくなくて、調整の意味合いで1qごとにHard / Easyを繰り返してみました。
 すると、Easyのジョグパートですら`5’チョイで走っており、Hardといっても体が赴くままの感覚ですが、これまた4分半強ほどで走ってしまい、1qごとの通過がやけに早く感じられて、GPS機能が故障したんではないか?とマジで思ったほどでした。 で、10q走った最終結果は、前回の平均ペースを3秒ほど上回っていました。

 トライアスロンのランニングで、自分のベスト・パフォーマンスと思えるのが、1998年(当時34歳半)のITU Long Distance SADO大会での、21q=1:45です。つまり、`5’きっかりのペース。それと、その2−3年前の蒲郡オレンジトライアスロンで出した10q=45’ジャストです。
 もう、おそらく今後、二度とこんなペースで走れることはないのだろうか???と薄ら薄ら思っていましたが、どうやらまだ更新できそうな気分になってきました。

 SwimやBikeはテクニックだ!とは度々耳にすることで、自分も「きっとそうだろう」と思うのですが、Runningも技術的要素がこんなにも高い運動だったとは・・・53歳を目前にして、恥ずかしながらようやく気が付きました。
 まさに「目から鱗」。八田さんに感謝です。

 ただ、体重に変化なく(というか、今年は64sの重たいまま)、急に走行スピードが上がったせいか、舗装路をこのペースで走り続けるには、下半身の筋肉や関節の腱が弱いな、故障につながる恐れがあるな、と感じました。 そのため、これも八田さんがいうように、アスファルト上での練習をでいるだけ少なくする、Aランニングそのものの練習を必要最小限にする、もしくはB体重を減らして体の負担を軽減する、C時間をかけて、体を慣らしていく(作っていく)ことが重要になってきそうです。

 自分のトライアスロンは、まだまだ改善・進化の余地が山ほどありそうです。だから、いつまでたっても止められない(笑)。

”Life is an adventure!” ”Smile and Never Ever Give Up.” (Ellie & Massan)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆体幹ローリング・ランの効果! どす鯉@ナイトウのドンブラコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる